トップページ > インプラント

インプラント

どんな治療なの?インプラント

歯を一本抜いた例で説明します。
歯を一本失ってしまいました。

従来の方法では前後の歯を削って固定式のブリッジと呼ばれる歯を作るか(左図)、取り外し式の義歯を作る(右図)しかありませんでした。

インプラントを埋め込むことによって前後の歯の負担(削らずにすむ、ばねをかけずにすむ)が減ります。

  • インプラントの利点
  • インプラントをすることで、他の歯の負担が減ります。
  • 自分の歯のように快適に噛むことができます。
  • インプラントの欠点
  • ・健康保険の適応外なので、高価です。(当院では1本25万円プラス上部構造です)
    ・骨の量が少なければできないケースがあります(骨を増やす手術もあります)
    ・ある程度の期間が必要です。。
  • 利点と欠点をよく説明しますので、同意の上で行います。
    骨の量が足りない場合など、極端に難症例の場合、専門医をご紹介する場合があります。
ページトップへ戻る

インプラントのための検査インプラント

レントゲン診査インプラント

通常の歯科用レントゲン撮影を行います。当院ではパノラマレントゲン(顔全体が写ります)
デンタルレントゲン(歯を数本ピックアップして写します)撮影を行います。
骨の量が十分にある場合はこれだけでかなりの情報が得られます。骨の量が少ない場合や、神経に近いケースではCTを撮った方がよいです。最近は3DのCTも発売されています。撮影の必要がある場合は九州歯科大学等の他医療機関にて撮影をお願いしています。

模型診査インプラント

上下の歯の模型を取り、どこにどんな角度でインプラントを埋めるかを診査します。ステントと呼ばれる診断器具を作成し、シミュレーションを行います。

歯周検査インプラント

他の歯が残っている場合は、むし歯や歯周病の診査診断、治療を行います。せっかくインプラントを入れても隣の歯が悪くなったら元も子もありません。全顎的な診断の上でインプラント治療を受けることをお勧めしています。

ページトップへ戻る

インプラント治療の流れインプラント

1プラークコントロール
せっかくインプラントをうちこんでも、歯磨きが良くないとくっつきません。インプラントの前に来院いただき歯磨き指導をしたり、歯石を取ったりします。
2前処置
インプラントの前後の歯、噛み合わせの歯に治療が必要な場合は、先にそちらを治療します。
3インプラント手術(上の図でいう第1段階)
実際の時間は30分程度ですが、消毒したり麻酔したりで、1時間半の予約時間をいただいています。当日は普通に帰宅してもらいます。
4生着期間(治癒期間)
インプラントを打ってから骨にくっつくまでに下顎で3ヶ月間、上顎で6か月かかります。その間、お口の中の消毒に定期的に来ていただくことになります。
5補綴
ほてつと読みます。人工歯根に歯を作って噛めるようにします。ここからは作る歯の種類によって値段が変わってくるので別料金となっております。詳しくは時間をとって相談します。

ページトップへ戻る

症例インプラント

左下に2本埋入した例です。2002年に行っています。

奥歯2本には取り外しの義歯を入れてらっしゃいましたが、手前の歯も破折してしまいました。

2本インプラントを埋入しました。

2011年2月で術後10年目です。定期的なメインテナンスで良好に保っています。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.