トップページ > 痛くない治療

痛くない治療歯科恐怖の方へ

痛くない治療を目指して歯科恐怖の方へ

サンプルイメージ

ミュージカル映画のリトルショップ・オブ・ホラーズにサディストの歯医者が出てきますが、歯科治療が怖いという方、はそんな歯医者にはかかりたくありませんね。私は決してサディストではありませんが、歯科治療は時に不快感を伴うものではあります。
 当院では、なるべく治療時の痛みを減らそうと、いろいろな試みを行っています。麻酔の工夫、術式の工夫、そして最も無痛治療に有効だと思うのは、患者さんと歯科医師の信頼関係です。誰だかわからない人に治療されるから不安、不安だから怖い、怖いからちょっとした刺激が痛みとして感じる。
 なるべく治療の前にはコミュニケーションを取るように心掛けています。ギリギリまで我慢してから歯科医院を受診されると、このコミュニケーションの時間があまり取れなくなってしまいますので、余裕を持って早めの受診をお待ちしています。

ページトップへ戻る

笑気麻酔のご案内歯科恐怖の方へ

笑気麻酔

当院では、当院では、治療に不安感、恐怖心を持っている方の治療に笑気ガスを使用しています。 笑気吸入鎮静法という古くからある方法です。

 全身麻酔ではありませんので意識を失うことはありません。半分眠っているような状態になり、そのまま眠ってしまう方も多いです。 呼吸や血行を抑制する事はなく、意識も保たれた状態にあり、話しかけられたら聞こえます。

 また、疼痛閾値(痛みを感じる限界)が上昇するので、痛みを感じにくくなります。麻酔が効きにくい方に併用することもあります。あっというまに治療が終わったように感じるという利点もあります。

 治療終了後はすぐ元に戻りますので普通に車の運転も可能です。 笑気ガスは体内で分解されることなく、そのまま排出されますので、小さなお子様も含めてほとんどの方に安全に使用することができます。 *ただし妊娠初期の方、呼吸器疾患(ぜんそく、肺気腫)の方、過去に笑気ガスを吸って不快感を感じたことのある方は止めた方がよいでしょう。 また非常に興奮状態が強い幼児の方も効果が少ないことがあります。

ページトップへ戻る

局所麻酔

電動注射器

次に、麻酔(つまり注射のこと)ですが、注射が痛かったのは昔の話で、現在は器械でコンピュータ制御された注射器になりました。手動で行うよりもゆっくりしたスピードで一定の圧をかけながら、麻酔の液を注入します。

針もかなり細いものになっておりますので、刺す時の痛みも感じません。念のため表面に表面麻酔のお薬を塗ることもあります。

恐怖心や不安が強い時は、どうしても口の中のことに過敏になってしまい、ちょっとした変化が気になります。また睡眠不足や体力の落ちているときは、大人でも麻酔で気分が悪くなる時もありますので注意が必要です。不安の強い方ほど、お互い万全の準備で臨みたいものですね。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.