トップページ > 医療理念

医療理念当院が目指す歯科医療

医療理念

2004年に医療理念を決めました。予防歯科への思い、地域保健への思い、新しい患者医者関係への思いを込めました。
当初は見切り発車的な部分があって、その都度改編していこうと思っていましたが、結局変わらないまま現在に至っていて、現在も毎日の診療や活動の指標となっています。

  • 来院者や地域の方々のお口の健康だけではなく、QOLの向上を目標とします。
  • インフォームドコンセント(納得診療)を行い、コミュニケーションに基づいた患者本位の医療を行います。
  • 新たに次の文言を加えました。
  • 地域からむし歯や歯周病をなくします。
ページトップへ戻る

医療理念の実現に向けて〜こんな歯科医院でありたい

サンプルイメージ

これは2006年に当院のスタッフが書きました。思いはみんな一緒で共通意識として浸透してきています。書いたのは何年か前なのですが、色褪せることもなく、ほとんどのことが実際に起きていることでもあります。

QOLの向上Quolity Of Life(生活の質)の向上のためには

・QOLの向上を目標にすることで、今までよりも一層患者さんと関わるようになった。
・患者さんのQOLの向上のお手伝い・サポートをすることができるというこの仕事に、就けたことを嬉しく思い、毎日が幸せだ。
・主役は患者さんであり、私はお手伝い・サポート役という裏方意識を持っている。

予防歯科長くお付き合いする中で起こること

・定期健診の患者さんが多いので、「今日も、気持ちよかったよ」と笑顔で帰られる方ばかりです。
・定期健診に来る子どもが、毎回みんな虫歯がなく、いつも「楽しかった!」と言って帰ります。
・患者さんは口腔内に興味がある方ばかりなので、私たちの話を熱心に聞いてくれます。最近はたくさんの知識がある方ばかりなので、驚かされます。

その結果起こること理念の実現により私たちはこうなります

・ 患者さんの幸せを自分のことのように喜べるようになった。
 ・ たくさん幸せを感じる時間が増えた。
 ・ 自分自身が幸せになった。
 ・ 以前より自分がとても好きになった。
 ・ 医院が快適な空間になり、過ごしやすくなった。

ページトップへ戻る

理念の実現に向けての活動こんな活動も行っています

取り組み

では、具体的にどうすれば実現するのか、ということを毎年いろんな角度から考え、今年はこれに重点的に取り組もうというプロジェクトを立てます。PDCAサイクルを回し、藤田歯科医院年報にて1年の報告をしています。以下、更新していないページもありますが、取り組みをご覧ください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.