head_img_slim
HOME > 診療内容ページ

診療内容ページ

定期健診

 外傷などを除き、むし歯や歯周病で一本の歯が抜歯に至るには、それなりのプロセスがあります。
いよいよになるまで放っておかないで、しっかり予防していけば、通常抜歯に至ることはまずありません。
虫歯にしても歯周病にしても現在では、予防方法が確立している病気ですから。

予防方法にもいろいろありますが、一番確実なのは「定期健診」です。
その理由はまたおいおい書いていきますが、ここでよく勘違いされるのは「定期健診」を「悪いところがないかチェックする」と受け取っていらっしゃる方が多いということです。もちろん、そのことも定期健診の目的の一つではありますが、決してそれだけではありません。

 定期健診が長続きしない理由の一つに「悪いところがなくなったから」というのがあげられるのではないでしょうか。
これはみなさんの心が「病気」の方向に向かっているからです。悪いところ探しをするのではなく、「いまよりももっと良い状態」つまり「健康」の方向に目を向ければ、きっと今までとは違ったものが見えてきます。

例えば、みなさん、毎日歯を磨きますよね。
それは「むし歯や歯周病にならないため」でしょうか?
それもあるでしょうが、本質は多分違うと思います。
ただ単純に気持ちいいからではないでしょうか。
部屋を掃除するのも、病気にならないようにする為ではなくそうした方が
気持ち良いからでしょうし、風呂に入るのもそうでしょう。

心が健康の方向に向いているといろんなものが見えてきます。
私たちも定期健診に来られる方々から、いろんなことを学びます。
悪いとこ探しよりも良いとこ探しの方がやってて楽しいですよね。

今よりもっと快適になるような定期健診のメニューを用意してお待ちしています。

 

痛くない治療

ミュージカル映画のリトルショップ・オブ・ホラーズにサディストの歯医者が出てきますが、歯科治療が怖いという方、はそんな歯医者にはかかりたくありませんね。私は決してサディストではありませんが、歯科治療は時に不快感を伴うものではあります。
 当院では、なるべく治療時の痛みを減らそうと、いろいろな試みを行っています。麻酔の工夫、術式の工夫、そして最も無痛治療に有効だと思うのは、患者さんと歯科医師の信頼関係です。誰だかわからない人に治療されるから不安、不安だから怖い、怖いからちょっとした刺激が痛みとして感じる。
 なるべく治療の前にはコミュニケーションを取るように心掛けています。ギリギリまで我慢してから歯科医院を受診されると、このコミュニケーションの時間があまり取れなくなってしまいますので、余裕を持って早めの受診をお待ちしています。

当院では、治療に不安感、恐怖心を持っている方の治療に笑気ガスを使用しています。 笑気吸入鎮静法という古くからある方法です。

 全身麻酔ではありませんので意識を失うことはありません。半分眠っているような状態になり、そのまま眠ってしまう方も多いです。 呼吸や血行を抑制する事はなく、意識も保たれた状態にあり、話しかけられたら聞こえます。

 また、疼痛閾値(痛みを感じる限界)が上昇するので、痛みを感じにくくなります。麻酔が効きにくい方に併用することもあります。あっというまに治療が終わったように感じるという利点もあります。

 治療終了後はすぐ元に戻りますので普通に車の運転も可能です。 笑気ガスは体内で分解されることなく、そのまま排出されますので、小さなお子様も含めてほとんどの方に安全に使用することができます。 *ただし妊娠初期の方、呼吸器疾患(ぜんそく、肺気腫)の方、過去に笑気ガスを吸って不快感を感じたことのある方は止めた方がよいでしょう。 また非常に興奮状態が強い幼児の方も効果が少ないことがあります。

 

訪問診療

在宅や施設での歯科診療、口腔ケアにも力を入れています。
高齢者、障がいを持った方、寝たきりの方、こちらから器材を持って行きますので基本的に診療室と同じ治療が受けられます。

また、専門の歯科衛生士が口腔ケアや歯科保健指導を行います。
個人の方だけでなく、通所事業所の「口腔機能向上加算」や入所施設の「口腔機能維持管理加算」にも対応しています。在宅療養支援歯科診療所の認定をうけております。

訪問診療その1自宅
当院から半径16km以内にお住みの方で、寝たきり・歩行困難な方へは、訪問診療(往診)を承っております。義歯が合わない、痛い、新しく作りたいとか、歯が痛い、噛めないなどほとんどの治療が訪問診療にて可能です。お電話いただければ、現在の状態をお尋ねし、ケアマネ−ジャーさんと連携しながら往診いたします。

訪問診療その2施設
入居施設の方には訪問診療が可能ですが、通所施設では訪問診療は認められていません。口腔ケア教室など声をかけてくださればいつでも開催いたします。
 現在鞍手町の障がい者施設においても、訪問診療を行っております。在宅や施設での歯科診療、口腔ケアにも力を入れています。
高齢者、障がいを持った方、寝たきりの方、こちらから器材を持って行きますので基本的に診療室と同じ治療が受けられます。


また、専門の歯科衛生士が口腔ケアや歯科保健指導を行います。
個人の方だけでなく、通所事業所の「口腔機能向上加算」や入所施設の「口腔機能維持管理加算」にも対応しています。在宅療養支援歯科診療所の認定をうけております。

自費診療

自費価格表

種類 治療内容 金額(円) 備考
クラウン
(被せる歯)
 ジルコニア+e-max 11000  
オールセラミック 11000
メタルセラミック 77000 メタルボンド、とも呼びます。
 ハイブリッドセラミック ※現在取り扱っておりません
硬質レジン ※現在取り扱っておりません
ゴールド 77000
インレー
(部分的に
詰める歯)
ポーセレン 44000 アンレーは52500円
ゴールド 55000 アンレーは66000円
ハイブリッドセラミック ※現在取り扱っておりません
入れ歯  金属床義歯チタン床 330000
 金属床義歯コバルトクロム床 220000   
ノンクラスプデンチャー 84000 欠損歯3歯まで
磁性アタッチメント 55000 義歯は別料金になります。
 軟性義歯 ※現在取り扱っておりません 
インプラント ストローマン 275000 上部構造は別料金です。
審美  ラミネートベニア 55000   
ホワイトニング 33000 上下両方で66000円です。
PMTC 6600

詳しくは、当院にてお尋ねください。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0949-22-1123 icon FAX0949-22-3487
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る